精神の変容 (現代の起点 第一次世界大戦 第3巻)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

大戦の前後で、文学や芸術の相貌は一変する。大戦は、上流ブルジョワ社会が支えてきた芸術や学知、とりわけ「西欧的芸術」の危機をもたらした。「物語ること」自体が虚偽となり、表象の不可能性が議論されるようにもなった。社会参加と自律のはざまで揺れ動く芸術。時代は大衆文化へ、そして脱西欧へと大きく舵を切ってゆく。

精神の変容 (現代の起点 第一次世界大戦 第3巻)
山室 信一 (編集), 岡田 暁生 (編集), 小関 隆 (編集), 藤原 辰史 (編集)
岩波書店
体裁:A5 ・上製・カバー・290頁
定価:本体3,700円+税
ISBN-10:4000287133
ISBN-13:978-4000287135