総力戦 (現代の起点 第一次世界大戦 第2巻)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

人類史上初の総力戦―その帰趨を決したのは、狭義の戦力というよりも、各交戦国の政治力や経済力や技術力、いわゆる国力の優劣だった。鉄鋼、資金、労働力から人の心に至るまであらゆる「資源」が動員された大戦では、兵士はもちろん、銃後の人々もまた戦争を生きぬく当事者となった。戦場、銃後、収容所に映る総力戦の諸相を考察し、大戦の総体性に迫る。

総力戦 (現代の起点 第一次世界大戦 第2巻)
山室 信一 (編集), 岡田 暁生 (編集), 小関 隆 (編集), 藤原 辰史 (編集)
岩波書店
体裁:A5 ・上製・カバー・268頁
定価:本体3,700円+税
ISBN-10:4000287117
ISBN-13:978-4000287111