•  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

第2次世界大戦後のベビーブームを背景に、若者文化が花開いた1960年代。中心にはビートルズが存在し、彼らの音楽・言動は世界に大きな衝撃を与えた。他方、サッチャー流の新自由主義も実はこの時代に胚胎した。今なお影響を与え続ける若者文化と新自由主義の象徴は、なぜイギリスで生まれたか――。本書は、ファッション、アートなどの百花繚乱、激動の社会とその反動を紹介し、1960s Britainの全貌を描く。

大洪水以後
著者:大浦康介
出版社:朝日出版社
体裁:四六判上製・240ページ
定価:1,650円(本体1,500円+税)
ISBN:9784255012018