文化人類学の思考法

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

あたりまえを疑う。言うは易しだが、これが思うようにできない。手ぶらでやろうとすると気づかぬうちにかつての「あたりまえ」のなかに囚われてしまう。生活のあたりまえ、男女のあたりまえ、会社や仕事のあたりまえ、経済や文化のあたりまえ、国家のあたりまえが劇的に変わっていこうとしているなか、これまでの「あたりまえ」から出ていくためには、優れた道具が必要となる。

文化人類学は「これまでのあたりまえ」の外へと出ていくための「思考のギア(装備)」だ。本書はその最先端の道具が一式詰まった心強い「道具箱」だ。こんなに「使える」本は滅多にない。ビジネスマンからクリエイター、学生まで、下手な実用書を買うくらいなら、これを常備しておくことをおすすめする。

文化人類学の思考法
編著者:松村 圭一郎 (編集), 中川 理 (編集), 石井 美保 (編集)
世界思想社
体裁:4-6・208ページ
定価:本体1,800円+税
ISBN:9784790717331