「フーコー研究──人文科学の再批判と新展開」連続イベント

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

2020年1月25日(土)、2020年1月26日(日)、2020年1月30日(木)、共同研究班「フーコー研究──人文科学の再批判と新展開」による連続イベントが公開にて開催されます。無料。事前申し込み不要。

第一弾 国際シンポジウム「批判と真理──パレーシアについて」
日時:
2020年1月25日(土) 14:00 – 18:00
場所:
京都大学人文科学研究所本館4階大会議室
講演者:Philippe Sabot(リール大学)、市田良彦(神戸大学)
使用言語:フランス語、日本語(通訳有)

第二弾 公開合評会「ドゥルーズ、フーコー、小泉の霊性──小泉義之著『ドゥルーズの霊性』をめぐって」
日時:
2020年1月26日(日) 14:00 – 18:00
場所:
京都大学人文科学研究所本館4階大会議室
評者:市田良彦(神戸大学)、廣瀬純(龍谷大学)、千葉雅也(立命館大学)
使用言語:日本語

第三弾 公開セミナー「ミシェル・フーコーにおける真理とフィクション」
日時:
2020年1月30日(木) 18:00 – 20:00
場所:
京都大学人文科学研究所本館1階 セミナー室1
レクチャラー:Philippe Sabot(リール大学)、坂本尚志(京都薬科大学)
使用言語:フランス語(及び英語、通訳無)