•  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

10月7日(日)14:00~18:20 、8日(月)10:00~12:20、芝蘭会館[別館]研修室2にて、シンポジウム「古典インドの哲学と学問」が開催されます。主催:京都大学人文科学研究所共同研究「ブラフマニズムとヒンドゥイズム―南アジアの社会と宗教の連続性と非連続性」(班長・藤井正人、副班長・手嶋英貴)。共催:学研究費補助金基盤研究(B)「ヴェーダからポスト・ヴェーダの宗教・文化の共通基盤と重層性の研究」(代表・梶原三恵子)・科学研究費補助金基盤研究(B)「南インド希少ヴェーダ学派の文献集成と翻訳研究」(代表・藤井正人)。詳しくはこちらをご覧くださいませ。