第15回京都大学人文科学研究所TOKYO漢籍SEMINAR『漢字と情報』

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

2020年3月16日(月)10:30~16:00、一橋大学一橋講堂中会議場にて、第15回京都大学人文科学研究所TOKYO漢籍SEMINAR『漢字と情報』が開催されます。開会挨拶:稲葉穣。講演:浅原達郎、守岡知彦、安岡孝一。司会:永田知之。聴講無料・要申込。プログラム・申込方法等、詳細はチラシをご参照くださいませ。

東アジアにおける漢籍文化の根底を支えているのは、漢字という文字の存在です。漢字が集まることで漢語となり、漢語が集まることで漢文となり、漢文が集まることで漢籍となるのです。では、漢籍は、単なる漢字の集まりなのでしょうか。いいえ、そうではありません。漢字の集まり方や、漢語の並び方には、それぞれ意味があるのです。漢語が持つ情報の量は、その漢語を構成する各部分の情報を足しあわせたものより、はるかに大きなものとなります。単なる和集合ではありません。同様に、漢文が持つ情報量は、各漢語の情報量を足し合わせたものより、はるかに大きなものとなります。漢字の集まり方や並び方の中にも、情報があるのです。

漢字の中には、どのような情報があるのか。そして、漢字が並ぶことで、どのような情報が表されるのか。今回のセミナーでは、その一端をお伝えしたいと思います。